笠間焼きの歴史


 笠間焼の誕生と言えば、江戸時代の安永年間(1772〜1781年)。
 久野家に伝わる江戸時代における笠間焼歴史の「笠間陶器沿革誌」によると
 箱田村(現在の笠間市箱田)の久野半右衛門が、たまたま笠間に滞在していた
 信楽の陶工・長石衛門の指導のもとで焼き物を始め築窯したらしいです。
 長石衛門もたまたま笠間には良質の粘土がある事を発見し、職人魂に火が
 ついての事のようですね。

 そして笠間藩主・牧野貞喜の保護政策もあり、建ち並ぶ窯元から大量の陶器が
 江戸などの大都市に出荷される一大産業となったんですね。
 笠間稲荷神社の参拝みやげなど、当時から全国で人気を博していたようです。
 ちなみに、この笠間稲荷って日本三大稲荷の一つなんですよね。
 初夏には藤の花と神社の朱色がいい具合でとても綺麗なんですよ。

  笠間焼が全国に広まったのは、岐阜県の野武士の家に生まれた「田中友三郎」
  が文久元年(1861年)に笠間に来て江戸で焼き物を売り出し始めてからです。
  そのころの笠間焼きは「箱田焼」とか「宍戸焼」とか呼ばれていました。
  笠間焼きの名前が全国に知られるようになったのは、 この友三郎が「笠間焼」と
 いう名前で売り始めてからなんです。

 明治の頃には、20位の窯元があって厨房用粗陶器の産地として有名でした。
 厨房用粗陶器 → 焼鳥屋さんのタレが入ってるような壺とかをイメージしてね。
 
 でも戦後になって生活が洋式になると、プラスチック製品などの流入によって人
 々の生活様式も大きく変化し、百数十年におよぶ関東一の歴史を誇る陶の里も
 陶器需要の減少とともに衰退してしまったようです(T_T)

 そんな消えかかった笠間の火を取り戻そうと立ち上がった人達がいました。
 それには予想をはるかに上回る努力が必要でしたが中々上手くいかず・・・・・
 しかし復興の大きなきっかけとなる事があったのです。やったね!
 それは関係者の熱意によって設けられた、茨城県窯業指導所(昭和25年)の
 設立です。
 そこで行われた、工芸陶器を目指した釉薬の改良や原料となる粘土の研究と
 試行錯誤、陶工の養成などが実を結び現在に至っているんですね(^_^)v

 また、厨房用粗陶器から工芸陶器への転換も、現在の笠間焼とその隆盛を語る
 上では欠かせない判断だったようです。
 

 
 本来の特徴

 
 鉄分を多く含んだ赤褐色の笠間粘土が特徴でした。
 この粘土は、可塑性に優れている為、ろくろによる成形技術が発達しました。
 昔は水がめ、茶壺、すり鉢、湯たんぽ、徳利などの日用雑器がつくられていま
 したが、笠間粘土の風合いを生かした花器、茶器など、芸術性の高い作品も
 つくられるようになりました。

 「笠間焼」は国の伝統的工芸品に指定されているんですよ (^_^)v
 


 笠間焼きの今


 現在では、伝統を受け継ぎながらも作家の個性をより重じる方向へ作風を転換
 した笠間焼。
 
平成5年には国から伝統的工芸品の指定を受けました。
 自由闊達な空気の中で多くの陶芸家さん達が、その感性を磨きけています。
 その為、野暮ったい陶器ではなく現代のライフスタイルに溶け込むような作品が
 揃っているのが笠間焼きです。現在では欧米にも輸出されているんですよ。
 
 人によっては特徴がない・・との評価も受けますが、その特徴の無さが特徴と考
 えられませんか?
 だからこそ和食器でありながら洋風スタイルになった現在の食卓にもマッチする
 作品が揃うのではないでしょうか。

 陶の小径 店主の私はそう考えます。
 

 
 制作行程

 
しい内容は
 只今勉強中です(^_^;)
 

 
 1. はい土作り
 2. 土練り
 3. 成形(ろくろ、手びねり、型起こし
 4. 乾燥
 5. 素焼き
 6. 下絵付け
 7. 施釉
 8. 本焼
 9. 上絵付焼成
 10.窯出し