出産祝いの正しい書き方

親族や友人の出産祝いなど、お祝い金を包む袋を御祝儀袋といいます。御祝儀袋には、袋の選び方や書き方など正式なマナーがあります。こちらでは、出産祝いの正しい書き方についてご紹介します。


出産祝いの御祝儀袋の選び方と書き方

出産祝いは、現金なら御祝儀袋に入れ、商品券などのギフト券ならのし紙をかけたものを贈るのが基本です。
水引は紅白の蝶結びのものを選びましょう。
出産祝いでは、できるだけ筆記具を使用して書きましょう。
表書きには、「御祝」「御出産御祝い」「祝御出産」「御出産祝」と記入します。
下段には、姓または氏名(フルネーム)を書きます。
御夫婦で御祝儀を渡す場合は、中心に夫の氏名を記入し、妻の名を左側に記入します。
職場で御祝儀を渡す場合は、表に○○一同(会社名)と記入します。出資した方全員の氏名を書いた紙を袋の中に入れます。
近年は、封筒タイプの御祝儀袋やカジュアルな御祝儀袋も多数販売されています。少し堅苦しさに違和感のある方は、これらのかわいいデザインの出産祝いでも良いと思います。
中には、メッセージカードつきのものもあるので、メッセージを添えるとより喜ばれるでしょう。


中袋の書き方

御祝儀袋には、中袋と内袋と二重になっているものもあります。タイプによっては、金額が書き込めるようになっているものもあります。
中袋がついていて、金額が書き込めるようになっているものには、その枠内に金額を記入しましょう。横書きタイプであればアラビア数字で、縦書きの場合は漢数字を記入します。
金額を書き込む枠がなければ、中袋の表に縦書きの漢数字で記入するのが基本です。例「金壱万円」。
中には、「金壱万円也」と記入する方もいらっしゃいますが、「也」はつける必要ありません。
通常、中袋にも外側に使用した筆記具で記入するのがマナーとされていますが、書くエリアが小さい場合には、黒インクのペンやボールペンを使用しても構わないとされておりますので、綺麗に書くということを心がけて記入するようにしましょう。


当店では、出産祝いのプレゼントに最適な名入れ食器を御紹介しております。出産祝いに喜ばれるものをお探しの方は、是非当店を御利用ください。