和食器の種類

日本の食文化は世界から注目を集めており、2013年には和食がユネスコの無形文化遺産に登録されたほどです。新鮮な食材を使った和食は栄養バランスに優れ、さらに見た目の美しさにもこだわっています。また、年中行事とも深い関わりがあり、各地域に根付いた伝統的な食文化が評価されたようです。


和食器の魅力

そんな和食をより美味しく、豪華に見せるアイテムが和食器です。中でも日本を代表する工芸の一つ、陶芸で作られた陶器は和食との調和の美しさが非常に魅力的です。

陶器は粘土をろくろに乗せて回しながら作る方法と、台の上で手びねりで作る造形方法に分けることができます。地方ごとの手法・窯元によってその姿は異なり、趣味で始める方も多いです。


和食器の種類

一般的に家庭で使用される和食器には様々な種類があります。


【茶碗】

ご飯を盛るためのお椀です。大きく口が広がっているものや、縦に深さがあるものなど形状も様々です。今でこそご飯茶碗を指していますが、元々はお茶を飲むための器が始まりと言われています。時代の変化に合わせてご飯茶碗をはじめ、用途に合わせた茶碗が普及したのです。


【汁椀】

みそ汁など、汁物を入れるためのお椀です。お椀の縁に直接口をつけて汁をすするため、縁取りがしっかりしています。また、汁物の具は箸を使って食べるので、口は広くなっています。汁椀に選ぶなら熱さが伝わりにくい作りのお椀が最適です。


【蕎麦猪口】

そばつゆを入れる器で、片手で持てるよう軽いものが多いです。蕎麦猪口はそばつゆだけでなく、様々な料理の器に活用できるのが魅力です。和の文様がポイントの蕎麦猪口に、ヨーグルトなどのデザートを入れてもオシャレです。


【大皿】

大皿は盛皿・尺皿とも呼ばれ、直径が25cm以上の皿は尺皿になります。宴会料理や刺身盛りなど、大人数の料理を提供する際に必要不可欠です。大皿料理は直箸を気にする方も少なくありません。そのような時に自分の分を取り分けるための食器が小皿です。


【長角皿】

長四角の平たい皿で、焼き魚や厚焼き玉子などの料理を盛り付ける時に用いられます。基本的に和食で使用する食器は手に持ちますが、長角皿は膳などに置いたまま使用します。


当店は和食器やお食い初め食器セットの専門店です。

結婚祝いや出産祝い、父の日・母の日などのお祝いにぴったりな和食器を通販にてご用意しております。名入れも可能なので、特別な日のプレゼントに是非ご活用ください。